Ak
akakabuto.exblog.jp
日記とかニュースとか    どじょっことかふなっことか
コンテンツおよびリンク
カテゴリ
以前の記事
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 04月 ( 38 )   > この月の画像一覧
あとは不死身仮面アズテカを探すのみ

 おーう、やっと原稿がほぼ出来上がりましたよ。まあ、締め切りは03/31だったんだけどな!しかもこれから仕事なんで完成は明日以降だけどな!

 とりあえずいま話題のシンガポール武道家の遭難のニュースを最初に見たのが列伝スレで、そのときの紹介のされ方が「ガマ・オテナ先生キターー!」だったのは本当にすばらしいと思った。シンガポール+武道=ガマ・オテナ先生という考え方には心が洗われるようだ。

 あ、ついでだから大仁田革ジャン盗まれたって話も。


[PR]
by Hirai_UMA | 2006-04-06 16:17 | プロレス・格闘技
尻ジャケ

 「そして観客は総立ちとなった!」

 知的な、あまりにも知的なダブルミーニングにオレも思わず総勃ち…、おっと失敬、総立ちになってしまうところでしたが、それよりも下にある「関連キーワード 尻ジャケ」にはもっと参った。26件もあるのかよ尻ジャケ!

 しかも尻ジャケのなかの「ヴァージンオークション2 振袖の調教」に至っては、金髪×振袖という新しすぎるジャンルでどういう層が買うのかまったく読めない。……あ、オレか?ひょっとしてオレなのか?そしてオレが総立ちなのか?


[PR]
by Hirai_UMA | 2006-04-03 23:34 | 映画
「ドラえもん のび太の恐竜2006」

 ちょっと前に見てきたんですよ。ホイ公式

 線が均一でなく途切れたりする絵と、藤子キャラの怒りアクションなどを再現したダイナミックな動きっぷり、現代パートの緻密な演出と古代の恐竜のぶつかり合いなんかはすごかった。オレも思わず「おお、21世紀だねえ」とお爺ちゃんのような感想を述べたりもしたんですが、でもまあ、クライマックスの辺りはまあ、普通だったかなあ。上映前は「オレ泣いちゃったらどうしよう」とかちょっと本気で悩んでたぐらいなんで、オレの期待が大きすぎたのかもしれませんわ。


 でもまあ、そんな普通の感想はいいんですよ。話の構成とか絵のダイナミックさの細かい話はきっと誰かがやってくれるだろうから、オレはオレしか後世に記録しないことを書きますよ。――劇場の子供の反応を。

 まずは上映開始前、さっそくオマケのドラえもんのおもちゃで遊びだす子供。こんなもの渡されちゃ、我慢が、我慢ができねえ!その気持ちは痛いほどわかるぜ!オレ28だけどちょっと袋開けそうになったぜ!つうか一緒に行った奴は開けたぜ!走るドラえもんを見て「フーゥ!」って言ってたぜ。成人だけどな!

 そして上映開始。CMにも組み込まれ、製作側が一押しだったであろう「暖かい目」のシーンは子供も爆笑。とりあえずは良かった!しかしこれに関してはオレの前にいた親御さんの方が爆笑。むしろその後、のび太の持ってきた恐竜の卵の化石を見たドラえもんが言う「恐竜のウンコの化石じゃないの?」のセリフで子供大爆笑。その様はもはやバーニング。バカだ!やっぱり奴らはバカだ!ウンコとか大好きだ!その後も爆笑を取ったのは「もらしそうになるのび太」「女物の水着を着たジャイアン」「ジャイアンのケツ」と脳の反射で笑っちまうようなネタばかり。やっぱり奴らはアニマルだ!日本の未来は安泰だ!

 古代についたあたりで笑いのピークは越えたんですが、ドラえもんが恐竜に襲われそうになり、未来道具で間一髪、危機を脱するシーンでは「ぃやったー!」「フーーーゥ!」と湧き上がる大歓声。一転、悪役登場シーン(今回の悪役は久々にかなりのワルだった)では「お母さん?お母さん?!」「おお。おお?おおー!」ともうパニックに巻き込まれる劇場。その様はもはやパニック・イン・スタジアム。あまりの不安に席を乗り越えて劇場出口を確認する子供もあらわれ、オレら大満足。やっぱねえ、軽くトラウマになるぐらいがいいんですよ。オレ子供の頃スペースバンパイアが怖くてさあ。この映画に出てくるオッパイ丸出しエイリアンは見たかったんだけどスペースバンパイアは怖くてさあ。そんなジレンマ、そんな二律背反がいまのオレを作ってると思うんですよ。だからまた言うけど日本の未来は安泰ですよ。…あ?いや、ちょっと待て、今のオレみたいな大人が増えるんじゃダメじゃねえか。……まあいいか!それはそれ、これはこれ!


[PR]
by Hirai_UMA | 2006-04-03 17:19 | 映画
停滞

 今日明日ぐらいで書かなきゃいかんものがいろいろ溜まってるんですが、小池一夫・川崎のぼる「長男の時代」3巻での主人公がものすごく気になって先に進めません。
f0012979_14365427.jpg
デューク東郷!デューク東郷じゃないか!


[PR]
by Hirai_UMA | 2006-04-03 14:45 | 小池
「セイザーX」3将軍ソフビ化

宇宙海賊デスカル3将軍ソフビフィギュア商品化プロジェクト

 欲しい……ッ!もはや「セイザーX」の裏主人公になりつつあるブレアードさんはもちろんのこと、この仲良し3人組はセットで欲しい。でもさすがに6300円は高い、高いよ。なんで最初からこれを普通にラインナップに入れてくれねえのかなあとはオレもちょっと思ったんですが、今年のコナミはゴルドさんの商品化という通常ありえない蛮勇をやらかしてくれたんで、あんま強くは贅沢言えないってところあるよな。


[PR]
by Hirai_UMA | 2006-04-02 13:53 | 玩具
「武刃街」が帰ってきた

「武刃街」MMORPG化

 タイトー50周年記念のあの問題作が満を持してMMORPG化!……というエイプリルフールのネタでした。


 ――と、言えたら良かったのにな。実は本当なんですよねこれ。確かに「続編を出せ、出せ」と言いはしたんですが、よもやこんな展開が待っているなんて…。今日は来年の大河でGacktさんが上杉謙信をやるというニュースですでに半分もらしそうなぐらい驚いてたんですが、このニュースを聞いたときには残りの半分ももらしました。

 まあでも最大の問題はこのゲームに「人物音声挿入的設定」が装備されてるか否かですよ。あれがない「武刃街」なんて切なすぎて「武刃街」を名乗る資格もねえな!韓国のメーカーさんもそこんとこ勘違いしないようにしてもらわないと。ネット回線で繋がれた世界中のプレイヤーがみんなして「痛いよ…」「切ないんだ…」と言いあってるのを想像するだけで…、僕のハートも、震えてる!


[PR]
by Hirai_UMA | 2006-04-01 21:50 | ゲーム
黒田硫黄の新作

 03月31日、つまりは昨日発売の「エソラ」 vol.3黒田硫黄の新作「多田博士」が載っているという話だけはしておきたい。この想いみんなに伝えたい。かくいうオレも今日、SPEEDKINGの帰りにちょっと探したんですが、残念ながら見つけられなんだ。


[PR]
by Hirai_UMA | 2006-04-01 21:21 | 書籍・漫画
今度はアイレムがやってくれた

今年のアイレム

 エイプリルフールのアイレムは毎年すごいんで、あえてうちで紹介することはないかとも思ってたんですが、今年はテーマがテーマなので紹介せざるをえない。

 というわけで今年のテーマはUMAですよ。毎年恒例の「アイレムってヒマなのかな?」と心配になってしまう異様に力の入った作りこみは健在なんですが、なかでもその想像図の数々は水棲UMAの検証に一石を投じると言っても過言ではないでしょう。いままでUMAに携わるもの誰一人として「巨大類人猿説」のような斬新な説を出すものがいなかったことを我々は恥じねばならない。「木の実説」に至っては明らかに注目すべき点が間違っている。アイレム、水面下!水面下!


[PR]
by Hirai_UMA | 2006-04-01 20:53 | UMA