Ak
akakabuto.exblog.jp
日記とかニュースとか    どじょっことかふなっことか
コンテンツおよびリンク
カテゴリ
以前の記事
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 03月 ( 54 )   > この月の画像一覧
カンフー世界大会開催

カンフーの世界王者大会 中国TVが少林寺と共催

 「カトゆー家断絶」さんより。つうかアレですよ。あれだけデカい中国なんだから、きっと中には初期UFCに出てきたようなうさんくさい格闘技が山ほど眠ってるに違いないですよ。見てェー!超見てェー!

 しかしアレだな。この大会、18歳以上の男性なら国籍不問で出られるとのことなんですが、カンフーとそれ以外ってどの辺で区別するんだろうな。


参考 : 「第一回UFCを懐かしむ」


[PR]
by Hirai_UMA | 2006-03-31 12:46 | プロレス・格闘技
日々勉強やで

15歳少女、部屋に男友達忍び込ませ、ずる休み判明

 いや、事件の内容自体にはさほど興味は湧かなかったんですが、警察のコメントがアレでな。
地元署は、「少女は教科書で勉強していなかった。考え得るに、別の事を学習していたと思う」と述べた。
 なに小粋なこと言ってんだよ。ちょっと笑っちまいましたよ。


[PR]
by Hirai_UMA | 2006-03-31 11:51 | 社会・歴史
来月の「知るを楽しむ」

 三輪明宏「私と彼のただならぬ関係 ―寺山修司―」。04月04日から毎週火曜日、NHK「知るを楽しむ」にて。04月25日の最終回は九條今日子との対談とのこと。

 あと、毎週木曜の「日本刀なるほど物語」もちょっと面白そうなんで、いまのうちから録画予約しておこうかと思います。ちょっと前の山田風太郎の奴をまるごと見逃したときは落ち込んだからなあ。


[PR]
by Hirai_UMA | 2006-03-30 16:19 | 雑記
セガがやってくれた

 よりにもよってキャロライン=ヨーコ=パウエルとは!やってくれる。やってくれるのうセガ!

 キャロライン=ヨーコ=パウエルといえば、「ダイナマイト刑事」での救出目標ながら、このなんとも腹立たしいポリゴン面に加え、2人プレイでラスボスを倒すと「よくここまで来たわね。私のボディガードにしてあげるわ。……生き残った方をね!」みたいなこと言いだして、強制的にプレイヤー同士での殺し合いをさせるという、実に「心に残る」キャラクターでしたよ。

 あえて彼女を缶バッジにするセガは実にわかってると言わざるを得ない。最後にもう一度繰り返しますが、やってくれるのうセガ!


 あとから気づいたんですが、ほかのゲームの缶バッジ画像には「画像をクリックすると拡大します。」としか書いてないのに、キャロラインの缶バッジには「画像をクリックすると拡大します。ご注意下さい」と書かれてます。やってくれるのうセガ!



[PR]
by Hirai_UMA | 2006-03-30 14:55 | ゲーム
YUJINの新作

 昨日、さくらやホビー館で見かけて思わず回しちまったのが、「こども事典大百科【スポーツ】 大相撲入門」相撲の決まり手のフィギュアということで、本当に毎度毎度YUJINのラインナップだけは読めない。企画出すほうも通すほうもすごいな。いったいどんな企画会議してんだろうか。

 つうか今回、公式見てはじめて知ったんですが、これシークレット2種類もあるのかよ!そもそも相撲の決まり手のシークレットっていったいなんだ。あ、ひょっとしてまわしが取れるアレか。「つっぱり大相撲」でいうところの「もろだし」か。

 それで調べてさらにわかったんですが、相撲に「もろだし」って決まり手はないんですな。正式な決まり手としては「不浄負け」というとのこと。しかもここ20年7年起きてないのか。まあそうホイホイ出されても困るけど。



[PR]
by Hirai_UMA | 2006-03-30 11:30 | 玩具
掘骨サイン

 掘骨スレより、掘骨先生のサイン本画像。

f0012979_953225.jpg

 オレも掘骨先生のサインは始めて見たんですが、さすがに「全力の二割増しで描く」がモットーな先生だけなことはあると思いました。


[PR]
by Hirai_UMA | 2006-03-29 10:23 | 書籍・漫画
オレも将来こういうことをしたい

 「軍事な怪談 その2」より。
192 名前: 名無し三等兵 投稿日: 2006/03/27(月) 01:00:25

俺のじい様は元海軍で、生前その時の体験談をいろいろ聞かせてもらった
法事の時にばあ様に「そういや飲むとよく海軍の話をしてたよね」と言ったら・・・

ばあ様曰く「なに言ってんの、あの人は陸軍だよ」
おばに聞くと「うん、陸軍でしょ」 親父に聞くと「え、海軍じゃないの?」おふくろ「よくわからない」
詳しく聞いたらみんながそれぞれじい様に聞いたという任務・赴任地がバラバラだった
ボケてたようには思えないので、おちょくってたのか年寄りが酔った勢いで与太話をしてたのか
それとも何か墓まで持っていくような事をしてたのか・・・・
不思議なのは「~で~をしていた」というのは皆覚えてるので
会う人によって使い分けていたとしか思えない
何のために? もしかしたら俺がこんな事を考えて不思議がってる状態こそがじい様の思う壺なのかもしれない

 森達也の「悪役レスラーは笑う」で、戸籍まで調べたのにグレート東郷の素性がいまいちわからんかったのを思い出した。

 しかしオレもそろそろ自分の死に向けていろんなトラップを仕掛けておきたいんですよな。ただ、さすがにこの爺さまのは難易度高めだと思う(生前こういう状況になったらアウトだしな)んで、オレの死後に意味ありげな走り書きがある日記が発見されたり、生前いろんなところの人とつきあっておいて、通夜の席の顔ぶれがものすごいことになったりすると良い。プロレスラーとチベット僧とストリッパーが共にオレを偲んだりすると良い。とても良い。


[PR]
by Hirai_UMA | 2006-03-29 09:37 | 2ch
南アフリカの儀式殺人

 「宇宙と電波の関係」さんより「南ア警察と儀式殺人の情報」

 南アフリカで人体を魔術的な薬に使うための儀式殺人が増えているという話なんですが、南アフリカ警察にはオカルト関係専門の犯罪課があったという話にちょっと驚きましたよ。さすがアフリカだなあ。でも最近そのオカルト課が(犯罪件数が増加してるにも関わらず)閉鎖されてしまったとのことで、これからまだまだひどいことになりそうな気配。

 それにしても前から気になってたんですが、人体を生きたまま切除する理由は「悲鳴で更に強力に成ると信じられ」てるからだったのか。単純に鮮度の問題とかかと思ってましたよ。ついでに昔のうちのサイトに効能がメモしてあったんで再掲。

こうした呪術師の間では、人体の各部位に次のような「効果」があるとされている。

 性器=男らしい魅力の増強▽舌=女性を口説くことに成功する▽眼球=長期的視野が得られる▽手=商売での千客万来▽体脂肪=幸福の招来。



[PR]
by Hirai_UMA | 2006-03-28 11:45 | オカルト
次回「平山夢明のゴミ鍋」

 次回「平山夢明のゴミ鍋」は05月10日だそうで。ここ3回ぐらい仕事と重なって行けなかったんで、次回こそは行こうと思いますよ。

 しかし今回オレら「(仮)以下」なのか。もはやこれが罵倒なのかどうかすらわからねえよ!


[PR]
by Hirai_UMA | 2006-03-28 11:24 | 雑記
今日買った漫画

■ 長谷川哲也 「ナポレオン 獅子の時代」5巻
■ 小池一夫 川崎のぼる 「長男の時代」2,3巻
■ 磨伸映一郎 「月の彼方、永遠の眼鏡」
■ 富沢ひとし 「特務咆哮艦ユミハリ」2巻

 まだ「長男の時代」2巻と「ナポレオン」しか読んでないんですが、「ナポレオン」がまた凄くてな。特に銃撃を撥ね返して車椅子に仕込んだ大砲で砲撃、2丁拳銃で撃ちまくったあと、敵を道連れに爆死というクートンの最期はもはやフランス革命の時代とは思えん。サン・ジュストも普通に2丁拳銃使うしなあ。

 ちなみにこの5巻をフランス革命がベルバラのイメージな友人に見せたら「え?これロベスピエール!?」と驚いてました。まあ、こっちのロベピはただの革命家じゃなくて「史上最強の童貞」だからな。

f0012979_2358730.jpg



[PR]
by Hirai_UMA | 2006-03-27 23:58 | 書籍・漫画