Ak
akakabuto.exblog.jp
日記とかニュースとか    どじょっことかふなっことか
コンテンツおよびリンク
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:ゲーム( 14 )
「ゴッド・オブ・ウォー」はじめたんですが

 クレ様マジ外道

 いろいろあってギリシャの神々のパシりになってるクレイトスさんが、乱心した神アレスとその軍勢を相手に戦うアクションゲームなんですが、そのクレ様がマジ外道。

 三つ首竜ヒドラの体内で、先に飲み込まれた人を助けに来たと思わせといて、アイテムだけ奪ってあっさり帰るクレ様マジ外道。

 そもそもハゲで半裸で鉈みたいな武器しょって、バーバリアンみたいな腰みの一丁という見かけがクレ様マジ蛮族。

 その後のボーナスステージがあきらかにセックスなのはクレ様マジ役得。

 しかもその描写が、開始と同時に不自然にカメラがベッドサイドの花瓶にズーム、連続ボタン入力が成功するとあまりの激しさに花瓶が床に落ちて割れるというすばらしい演出なのはスタッフマジ天才。

 そんなこんなで雰囲気もゲーム性も最高です。こりゃみんな騒ぐわけだわ。


参考 : 「ゴッド・オブ・ウォー」


[PR]
by Hirai_UMA | 2006-04-18 13:31 | ゲーム
今日あったことは明日書く

 今日は一日中でかけててちょっと疲れたんで、忘れないうちにファミ通のサイトのBASARA2新キャラにリンク貼って寝ます。改めて見ると秀吉も半兵衛も別ベクトルにすげえな。これを会議で通すカプコンはまだまだ侮れねえ。

 あとはまあゲームつながりで「大玉」の壁紙がキモくて良いってのと、宮本茂に熱狂する外人たち。今日も出先で話してたんですが、外人の熱狂ぶりと暴れぶりはなんかいいな!オレは最近Youtubeで外人がギターを叩き壊す映像を延々と見てたんですが、あれを見ててわかったことが2つある。外人はやっぱりバカだと言うことと、ギターは案外固いということ。

 あー、あと昨日の「子連れ狼」の話で書き忘れてたんですが、拝親子が行く先々での大五郎さんの取り入りぶりは異常。ほとんど「ちゃん」しかしゃべらない寡黙っぷりにもかかわらず、日本各地のミスやらミセスやらをいともたやすく虜にしとるわけで、あれはもはやなにかのフェロモンが出てるとしか思えん。あーそうそう、「寡黙」で思い出した。途中の話で柳生の皆さんが口を動かさず、かつエコー付きでしゃべるシーンがあったんですが、あれはなんだったんだ。テレパシー?


[PR]
by Hirai_UMA | 2006-04-09 23:23 | ゲーム
BASARA2

 キャラのページに直リンク貼れないんですが「戦国BASARA2」のキャラは相変わらず自由だなあ。仮面舞踏会みたいな竹中半兵衛もすごいけど、やたらマッシヴな豊臣秀吉は斬新過ぎて雑誌で見たとき吹いた。


[PR]
by Hirai_UMA | 2006-04-08 19:45 | ゲーム
「武刃街」が帰ってきた

「武刃街」MMORPG化

 タイトー50周年記念のあの問題作が満を持してMMORPG化!……というエイプリルフールのネタでした。


 ――と、言えたら良かったのにな。実は本当なんですよねこれ。確かに「続編を出せ、出せ」と言いはしたんですが、よもやこんな展開が待っているなんて…。今日は来年の大河でGacktさんが上杉謙信をやるというニュースですでに半分もらしそうなぐらい驚いてたんですが、このニュースを聞いたときには残りの半分ももらしました。

 まあでも最大の問題はこのゲームに「人物音声挿入的設定」が装備されてるか否かですよ。あれがない「武刃街」なんて切なすぎて「武刃街」を名乗る資格もねえな!韓国のメーカーさんもそこんとこ勘違いしないようにしてもらわないと。ネット回線で繋がれた世界中のプレイヤーがみんなして「痛いよ…」「切ないんだ…」と言いあってるのを想像するだけで…、僕のハートも、震えてる!


[PR]
by Hirai_UMA | 2006-04-01 21:50 | ゲーム
セガがやってくれた

 よりにもよってキャロライン=ヨーコ=パウエルとは!やってくれる。やってくれるのうセガ!

 キャロライン=ヨーコ=パウエルといえば、「ダイナマイト刑事」での救出目標ながら、このなんとも腹立たしいポリゴン面に加え、2人プレイでラスボスを倒すと「よくここまで来たわね。私のボディガードにしてあげるわ。……生き残った方をね!」みたいなこと言いだして、強制的にプレイヤー同士での殺し合いをさせるという、実に「心に残る」キャラクターでしたよ。

 あえて彼女を缶バッジにするセガは実にわかってると言わざるを得ない。最後にもう一度繰り返しますが、やってくれるのうセガ!


 あとから気づいたんですが、ほかのゲームの缶バッジ画像には「画像をクリックすると拡大します。」としか書いてないのに、キャロラインの缶バッジには「画像をクリックすると拡大します。ご注意下さい」と書かれてます。やってくれるのうセガ!



[PR]
by Hirai_UMA | 2006-03-30 14:55 | ゲーム
「レボリューション」にMD、PCEがッ!

過去のセガゲームが復活 任天堂の次世代ゲーム機

 タイトルには出てないけどNECのゲームもということなんで、PCエンジンも復活ですよ。感じる。オレの中でレボリューションの購入意欲がどんどんあがっていくのを感じるッ!

f0012979_132037.jpg
今のオレこんな感じ


 あれ?でも記事をよく読むと、これはメガドライブの中のセガのゲームと、PCエンジンの中のハドソンのゲームだけなんですかな。それならせめてサターンまでカバーしてくれんもんか。PC-FXは、まあ、いいや。


[PR]
by Hirai_UMA | 2006-03-24 13:04 | ゲーム
「スンバラリア星人」って久々に口にしたよ

 「絶対SIMPLE主義」さんで、新作ゲーム「四八」の中にSFC・PS「学校であった怖い話」キャラのシナリオがあるという話が。

 おお!これはやらねばなるまいよ。オレも「学校であった怖い話」はSFCの頃から好きで好きで。勢いあまってほぼ同内容のPS版やら同じスタッフの「晦(つきこもり)」も買ったぐらい好きでしてなあ。えらい怖かった岩下の肖像画の話と荒井の人形の話とか、「晦」の最終シナリオが10回ぐらい連続で2択を当てていかないと即死というおそるべきトラップになってたことはいまだに忘れられません。

 SIMPLE神もおっしゃられてるように、いまPS版「学校であった怖い話S」はプレ値になってる状態なんで、再販か廉価版出してくんねえかなあと思っております。できれば「晦」とのカップリングで。



[PR]
by Hirai_UMA | 2006-03-19 22:40 | ゲーム
それはそうと藤岡鉄舟が好きだったんだよ

 「廃刊ダメゲーマー」さんで紹介されてた「天誅DS」の忍殺バリエーションの豊富さがすごい。他のはともかく「笑殺」ってなんだ。どうやるんだ。北斗有情拳的なアレなのか?あー、いま書きながら思ったけどキノコかな。ワライタケみたいな奴かな。

追記
 あー、ワライタケって本当に笑うんじゃないのか。顔がひきつって笑ってるみたいに見えるだけなのな。オレぁてっきり、そういう神経が刺激されて本当に笑うもんだと思ってましたよ。


参考:藤岡鉄舟

[PR]
by Hirai_UMA | 2006-03-14 10:51 | ゲーム
立志

 ネットを見てるとオレらの世代の人たちの間ではセガエイジスの「ガンスターヒーローズ」や「アドバンスド大戦略」が話題になってるんですが、なぜかオレは廉価版の「太閤立志伝5」とか買っちまいましたよ。だって、「アドバンスド」売ってないんだもの…。

 まあ、それはそれ、これはこれ。太閤シリーズは久々にやったんですが、昔ながらのチマチマした感じがやたら面白いです。とりあえず最初はお決まりの秀吉プレイでただひたすらに信長さまの命令を聞き続ける日々を送ってたんですが、このたび新武将プレイのロックが解除されたんで、オレ主人公プレイに切り替えてみましたよ。

f0012979_12581962.jpgf0012979_12584422.jpg






こんなに共感できるゲームは初めてだ……

 とても…、とても他人事とは思えません。とりあえずいまは廻国修行をしつつ、「茶」とか「紙」とかを転がして小さく稼いでるんですが、ゲーム開始時に友人知人を20人ぐらい作成してぶち込んであるんで、そいつらの中で就職した奴から順に斬り殺していこうと思ってます。がんばれ、オレ……!!



 上の文章をよく読むと「太閤立志伝5とか」と書いてあるのがわかると思うんですが、この時もう一つ買ったゲームが布袋寅泰ゲー「STOLEN SONG」。いやー、ハマショーゲーともちょっと迷ったんですが、ハマショーは結構いい値だったから。ちなみにスーパーログからはエアロスミスゲーを推されました。確かにエアロスミスゲーの感想はいい感じだなあ。もういっそ3つともコンプしちまうか!

 それにしてもネットで「STOLEN SONG」の感想を読むと、みな一様に「このゲームの中の布袋は優しい……」と書いてるんですが、布袋さんどんだけ優しいんだよ。今井美樹が略奪婚するのもうなづけるぐらい優しいのか?


[PR]
by Hirai_UMA | 2006-02-28 13:34 | ゲーム
お前らは知らなすぎる

 まったくもって知らなすぎる。知らん知らんと思ってはいたが、このたびほとほと愛想が尽きた。……なに?なにってそりゃお前ぇ、タイトー50周年記念作品「武刃街」の魅力についてに決まってるだろうが!いや、より具体的に言うなら「武刃街」に出てるGacktさんの魅力についてに決まっとろうが!まあ、そうは言っても知らんものは仕方ねえ。今から説明するからちょっと読んでけ。そして買え!

「武刃街」ストーリー
 時は未来、マイクロ波の放射によって文明が滅んだ世界で人々は科学を捨て、肉体を練磨し、地球は武侠の惑星になっていった。だが、さらに時が進むと、地球には「鬼」と呼ばれる異形の怪物が跋扈し、人々は次第にその姿を消していった。そんな地球に迫る一筋の彗星…、否、それは宇宙で剣舞を舞うGacktさんだ!生身で大気圏を突破したGacktさんは鬼と化した友(cv:山寺宏一)を止めるため、今、戦いに臨む!ちなみに師匠は若本規夫だ!
 
 オレはこのオープニングを見た瞬間、「500円で買った元はとった!」と思いましたよ。しかも宇宙から落ちてきたGacktさんに対して柱を砕きながら登場した若本規夫が「未熟未熟未熟ゥゥ!!」と叫びながらチュートリアルがスタート。チュートリアル完了後は「舞え!舞うのだラウよ!」と叫ぶ若本、舞うGacktさん。ひとしきり舞ったあとで「ファァーーイ!」と回転しながら空に消えるGacktさん。という、願ってもない展開でお腹いっぱいです。

 でも、このゲームはそれで終わらなかった。「大極印」というメダル様のアイテムを集めると、一定数ごとにオマケ要素が現れるんですが、むしろそれで現れる「人物音声挿入的設定」にこそその真価はあったといっても過言ではないでしょう。この機能をONにするとプレイ中にGacktさんの音声が挿入されるんですが、てっきり「ハッ!」とか「ヤァ!」とかの掛け声かと思ってたら、Gacktさんがコンボを決めるごとに「うまいね…」「やりこんでるね…」と褒めてくれ、ダメージを食らうごとに「痛いよ…」「切ないんだ…」と訴えかけるという恐ろしい仕様になっていたのです。オレもはじめてみたときには度肝を抜かれ、あまりにいろんなところで触れ回った挙句にちょっとしたブームとなり、友人が「痛いよ…、切ないんだ…」と連呼しまくって彼女に嫌がられるという事態にまで発展しました。しかもこの仕様はオプション画面にまで適用されており、設定を変えようとするごとに「君色に染めて…」、ステータスを確認するごとに「君のすべてを見せて…」、あまつさえコントローラーの振動をONにすると「僕のハートも、震えてる」と、あの声で訴えかけてくるので一度ONにするともうOFFだった頃には戻れません。恐ろしい、なんて恐ろしいんだ武刃街!

 いまだにあんのかわからんけど秋葉原だと500円ぐらいで買えるんで買ってみるといいですよ「武刃街」。Gackt音声に魅了されたあとはムービーデモで金がかかった制作発表会やら、次回作やら映画化に対する意気込みなんかを見て涙に暮れましょう。いいんだスタッフ。いま、お前は泣いてもいい。
 

参考: 【タイトー】武刃街について【50周年記念】スレ

[PR]
by Hirai_UMA | 2006-01-17 21:04 | ゲーム