Ak
akakabuto.exblog.jp
日記とかニュースとか    どじょっことかふなっことか
コンテンツおよびリンク
カテゴリ
以前の記事
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
先週読んだ本

 今日は「ロシアでカルト宗教はやっちゃって大変」というニュースぐらいしか興味惹かれるニュースがなかったんで、たまには読んだ本の感想でも書きますわ。とりあえず先週読んだものでも。


「「弩」怖い話3~Libido with Destrudo~」

 正直、「超怖い話」のスタイルを打ち破り、中篇怪談集になった1作目を読み終わしたときにゃ「やっぱ怪談は短い話の方が向いてるのかなあ」と思ったもんですが、その後に出た「2」が面白かったんで考えを改めましてなあ。それで「3」を読んでみたらば、また短い話になってて驚いた。しかし中身がほとんど艶笑話になってたのにゃもっと驚いた。オレはこれはこれで面白かったですよ。でも反発する人はしそうだなあ。


「NHK知るを楽しむ 私のこだわり人物伝 4・5月」

 最終回は美輪明宏・九篠今日子による寺山修司の思い出話。若き日の横尾忠則に舞台装置を作ってもらったところ、舞台の大きさだけで入り口の大きさを教えてなかったために巨大な舞台装置が中に入らないという事態が発生。そこで寺山修司がノコギリで装置を切断して搬入しようとし、それを見た横尾忠則が「オレの作品にそんなことさせん!」とブチキレて巨大な装置を一人で持って帰った。という話が良かったですよ。ちなみにその舞台装置はどうなったかというと「忘れちゃったんだよねえ」(横尾忠則談)……本当にどこに行ったんだ!


 ああ、時間ないんで佐藤賢一「ジャンヌ・ダルクまたはロメ」の話はまた気が向いたら(そう言って書いたことないけど)。ちなみにいま読んでんのは朱川湊人の短編集「都市伝説セピア」。一世風靡セピアみたいなタイトルがなんとなく気に入らなくて読んでなかったんですが、読み始めたらなかなか面白いですよ。特に「なぜなら人間には、幻想が必要だからだ。」と自らが怪人に化け、えらい労力を費やして都市伝説を作ろうとする「フクロウ男」は考え方がほとんどオレと同じなんで他人事とは思えん。オレが死ぬときには無意味にダイイングメッセージを残すよ。


[PR]
by Hirai_UMA | 2006-04-12 16:29 | 書籍・漫画