Ak
akakabuto.exblog.jp
日記とかニュースとか    どじょっことかふなっことか
コンテンツおよびリンク
カテゴリ
以前の記事
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「ドラえもん のび太の恐竜2006」

 ちょっと前に見てきたんですよ。ホイ公式

 線が均一でなく途切れたりする絵と、藤子キャラの怒りアクションなどを再現したダイナミックな動きっぷり、現代パートの緻密な演出と古代の恐竜のぶつかり合いなんかはすごかった。オレも思わず「おお、21世紀だねえ」とお爺ちゃんのような感想を述べたりもしたんですが、でもまあ、クライマックスの辺りはまあ、普通だったかなあ。上映前は「オレ泣いちゃったらどうしよう」とかちょっと本気で悩んでたぐらいなんで、オレの期待が大きすぎたのかもしれませんわ。


 でもまあ、そんな普通の感想はいいんですよ。話の構成とか絵のダイナミックさの細かい話はきっと誰かがやってくれるだろうから、オレはオレしか後世に記録しないことを書きますよ。――劇場の子供の反応を。

 まずは上映開始前、さっそくオマケのドラえもんのおもちゃで遊びだす子供。こんなもの渡されちゃ、我慢が、我慢ができねえ!その気持ちは痛いほどわかるぜ!オレ28だけどちょっと袋開けそうになったぜ!つうか一緒に行った奴は開けたぜ!走るドラえもんを見て「フーゥ!」って言ってたぜ。成人だけどな!

 そして上映開始。CMにも組み込まれ、製作側が一押しだったであろう「暖かい目」のシーンは子供も爆笑。とりあえずは良かった!しかしこれに関してはオレの前にいた親御さんの方が爆笑。むしろその後、のび太の持ってきた恐竜の卵の化石を見たドラえもんが言う「恐竜のウンコの化石じゃないの?」のセリフで子供大爆笑。その様はもはやバーニング。バカだ!やっぱり奴らはバカだ!ウンコとか大好きだ!その後も爆笑を取ったのは「もらしそうになるのび太」「女物の水着を着たジャイアン」「ジャイアンのケツ」と脳の反射で笑っちまうようなネタばかり。やっぱり奴らはアニマルだ!日本の未来は安泰だ!

 古代についたあたりで笑いのピークは越えたんですが、ドラえもんが恐竜に襲われそうになり、未来道具で間一髪、危機を脱するシーンでは「ぃやったー!」「フーーーゥ!」と湧き上がる大歓声。一転、悪役登場シーン(今回の悪役は久々にかなりのワルだった)では「お母さん?お母さん?!」「おお。おお?おおー!」ともうパニックに巻き込まれる劇場。その様はもはやパニック・イン・スタジアム。あまりの不安に席を乗り越えて劇場出口を確認する子供もあらわれ、オレら大満足。やっぱねえ、軽くトラウマになるぐらいがいいんですよ。オレ子供の頃スペースバンパイアが怖くてさあ。この映画に出てくるオッパイ丸出しエイリアンは見たかったんだけどスペースバンパイアは怖くてさあ。そんなジレンマ、そんな二律背反がいまのオレを作ってると思うんですよ。だからまた言うけど日本の未来は安泰ですよ。…あ?いや、ちょっと待て、今のオレみたいな大人が増えるんじゃダメじゃねえか。……まあいいか!それはそれ、これはこれ!


[PR]
by Hirai_UMA | 2006-04-03 17:19 | 映画