Ak
akakabuto.exblog.jp
日記とかニュースとか    どじょっことかふなっことか
コンテンツおよびリンク
カテゴリ
以前の記事
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「ジャーヘッド」感想とか

 最近もあいかわらず本読んだり映画見たりはしてるんですが、どうにも感想というものを書いてないですねオレ。

 オレ自身の文章の練習にもなるし書いたほうがいいとは思うんですが、なんか最近オレぁ他の人の書いた感想を見るとそれで満足しちゃうという悪い癖があるんですよなあ。たとえば「封印作品の謎2」は前作に比べていろんな人が感想を書いてるのを見て満足しちゃったし、「ミュンヘン」も公開直後に見たりしてるんですが、「伊藤計劃:第弐位相」さんの感想を見て、なんかもう満足して書いてませんでした。でもまあ、逆に考えればちゃんとした感想は他の人が書いてくれるわけで、ならばオレはちゃんとしてない感想を書けばいいじゃない。


 というわけで「ジャーヘッド」感想

 訓練を積み重ねた海兵隊の若者達が戦場に行くという、現代版「フルメタルジャケット」みたいな話なんですが、どうも20年のうちにアメリカ人がえらいバカになっていたらしく、戦争が始まるまでの主人公達の中学生感覚は「FMJ」の比ではありません。たとえば戦場に行く飛行機の中での会話

主人公 : 「お前、海兵隊に入ってなかったら今頃なにしてた?」
仲間  : 「うちで『メトロイド』全クリ」

 憎めない!憎めないよこいつら!こいつらすぐ人の彼女の写真でオナニーしようとするしな!また、戦場に行く直前に海兵隊のみんなが集まって「地獄の黙示録」を見るというシーンでは、キルゴア中佐の村落焼き払いシーンに合わせてみんな揃ってワルキューレの騎行を大合唱。どんだけこいつらバカなんだよ!オレも今すぐそこ行きてえよ!
 
 あと、そうと狙って描かれてたのかどうか不明なんですが、「○○の嫁が暇つぶし用のビデオ送ってきたからみんなで見ようぜー!」とビデオルームに行ってみたら、デッキに入れようとしてる映画が明らかに「ディアハンター」だったのは嫁による嫌がらせ以外の何物でもないと思いましたよ。実はそのビデオは嫁による復讐のためのテープで、内容は上書きされてるんですが、オレ、普通に戦場で「ディアハンター」見せられるのもかなり嫌だぞ。


[PR]
by Hirai_UMA | 2006-03-03 16:27 | 映画